朝起きれない人におすすめのサプリメントとは

女性なら誰でも必ず経験する生理。

男性にはわからないと思いますが、生理中はイライラしたりお腹が痛かったりするので何となく生理中の女性は分かったりしますよね。

生理中はやたら眠くなり、朝起きれないことも多くありませんか?

日中仕事をしていても強い眠気に襲われることもあり、普段の生活にも支障をきたしてしまいます。

なぜ生理前や生理中はこんなに眠たいのですかね。

生理前や生理中は女性ホルモンであるプロゲストロンの分泌量が増えるためホルモンバランスが崩れます。

そのためとても眠たくなるのですね。

またプロゲストロンが増えると、夜熟睡できなくなるので朝起きれないようになるそうです。

日中の強い眠気対策としては漢方薬を飲む、ツボを押すなどがあげられます。

もし可能であれば、お昼休みに15分程度仮眠を取ることも良いです。

生理の時はなるべく夜更かしせず生活習慣を見直すことにより、夜ぐっすり寝ることができれば朝起きやすくなります。

生理中は気分が落ち込んで辛いですが、身体の仕組みと対策を知っておくと安心ですね。

女性特有の眠気は生理以外にもあります。

それは妊娠中です。

私も経験があるのですが、妊娠中の眠気は驚くほど強かったです。

通勤中は公共の乗り物の中でほとんど寝ていましたし、仕事中も気を抜くとパソコンを打ちながら意識が飛んだりしました。

つわりがひどかったこともあり横になっていることが多く、朝起きれない日がほとんどでした。

妊娠中も生理中と同じようにプロゲストロンの分泌量が増えることで、ホルモンバランスが崩れ眠たくなります。

特に妊娠中は激しい動きはできず安静にしないといけないので、多く分泌されるそうです。

女性の身体って不思議ですね。

男性から見ると「妊娠したからといって眠りすぎだ」

「朝起きれないなんて怠けているからだ」

と思うかもしれませんが、身体の仕組み上仕方がないことなので理解してあげてください。

お腹の子供を守るために寝ていると考えたら楽かもしれないですね。

妊娠中は眠く朝起きれないことは普通の現象です。

無理をするとお腹の赤ちゃんが苦しい思いをするので、妊娠中はゆっくり身体を休めたいですね。

朝起きれない日々はこれでおさらば!

こちらにもっと詳しい情報があります。